過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

退職|就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず後からバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収を設定することです。なお、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど場合ありえません。現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職を余儀なくされる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人・・

  • これはシフトの業務についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、面接時に確認しておきましょう。以前に私自身が、産休で抜けた人の代役として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任の女性が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。冷静に考えると、「よく耐えた」と自分でも驚きです。

  • 退職|転職をしようとする際に絶対に用意する履歴書や職務経歴書などにおいては・・

  • 再就職する場合必ず書く履歴書については、大方は自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのが一般的となっています。我が国においては履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで準備するというのが当然だと思われるようですが、それは新卒に関する就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実は、転職の時は履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとまでは断言できません。手書きの方を良しとするケースもありますけど、違うところがだんだん多くなってきているので、パソコンで作ったものでもよろしい場合は多いのです。

  • 転職というものを考える際、転職後の自分の給料ばかりを気にする人は・・

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における年収について気にしすぎる人がわりと多いように思います。もちろんたいていの方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与としてもらうために働くのだとは思います。ですから年収の額は自分の社会的な価値を知る値としての側面もありますからとうぜん大切なものであることは至極当然です。ですが、ひどく年収の額ばかりを執着しすぎる人生というのも人生を損してしまう気がします。それより年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

  • 新卒で入社した会社を去り、勇気を出して転職しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職しました。会社を辞めた後は、1人で悩んだように思います。ですが、会社を辞めて、多数の人が転職をしていることを私自身が転職したことで学び、自然と気持ちは楽になりました。1回転職したことで自然と気持ちが楽になった気がして、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが嬉しくなっていきました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私自身、間違ってなかった、と思っています。

  • 退職|再就職先を探している間は、無意識のうちに時間が有り余っているた・・

  • 転職の間は、どうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。でも、そういった過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜならば、緊張感のない、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響があるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、お金に困る事態となりかねません。そうしているうちに、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の勤め先が決められません。再就職先を決められないのは、もらえるお金を一番に考えるためです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

  • 退職|転職のための採用面接に向かいました。

  • 転職における採用面接にとある会社に訪ねました。たまたま社内の部屋が空きがないとのことで外部のある場所で面接官と待ち合わせで採用面接を行って、その場所で解散、面接官も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が同じ。そのため電車の中においても面接担当者とずっとお話をしながらいっしょに帰宅することになり、すっかり緊張がなくなり面接しているよりもお話が弾み、それがプラスに働いたのか何事もなく採用を獲得することができました。

  • 看護師の他の職業に転職を決断する原因は、その人によりけりです。

  • 看護師でありながら違う職業に転職する原因はその人によって違うはずです。それを見てみると看護師からの転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで家事のことがいろいろとあって出産それと子育ておまけに親の介護など、仕事環境のいくつかの変化など、これまでのようには働けなくなってしまった」「給与体系に不満を感じている」など多種多様の理由があるのでしょう。でも、転職を決める前にどうして転職をしたいとと、ゆっくりじっくりと客観視してみることも大切なことです。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。

  • 過去記事一覧