過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

退職|転職を近いうちにするつもりなら、多くの会社を普段から調べておく…

  • 転職したいなら、まめに多種多様な会社を普段からチェックしておくと転業した後の見る目に役立ちます。あなたが今の職場に不満足だと、転職活動する際、どんな企業でもいいように見えます。そのような状況下では、どの会社を選択すべきか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違えてしまうおそれがあります。すると、一瞬で退職しなくてはならなくなるので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も要チェックです。透明性ある会社は、取引している会社を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要です…

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、もらえる期間が決まっています。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、90とか120日とか決定されるのですが、世の中には知らないで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急いで仕事探しを始めても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。会社の面接官もアホウでは無いので、失業中に遊び惚けていなかったのかといったことくらいはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、9割がた受かりません。

  • 職を変えた場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事で…

  • 転職した際には、高確率で前の仕事は多くの出来事は美化されます。実のところ今の仕事内容が不満があるから、それを解消するためにせっかく再就職したはずなのに、いつの間にか不思議なことに転職した会社よりも「前の仕事のほうが良かった」と思ってくるのです。というのは至って当たり前で、前の職では仕事に慣れていて、さほど苦労なくやるべき仕事がたやすくできていたのも根底にあるはずです。ですが、「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と悔やむほど、以前の仕事の方が環境や労働環境が良い場合もあります。

  • 「就職エージェント」大手には、たくさんの案件を抱えて…

  • 転職エージェントは大規模なものに限って、たくさんの案件を扱っているといえますが、それに比例するように、競合する転職希望者も大勢います。そのためあなたが、気になる案件を探し出したとしても、担当スタッフの側が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえないこともありますし、企業から見てあなたより高く評価される人がいると、そのライバルを優先することも考えられます。このように大規模な転職エージェントの運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱いとても難しいので、発想を変更して少し規模の小さいエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか相談してみると、転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。

  • 退職|その昔は看護婦ですが看護師というのは歴史的背景から女性比率がたいへん大…

  • 昔は看護婦ですが看護師という仕事は、歴史的にも男性以上に女性が活躍している職種です。知られていると思いますが気力だけでなく体力をかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのため、職場での人間関係のいざこざや、結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい仕事ともいえます。実際、そういった問題によって転職する人が多いというのも事実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、慢性的な人材不足に陥っています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」であるという現実も、それが転職増加の状態に拍車を掛けています。

  • 転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適す…

  • 再就職によって勤め先を一新するということは、自分に合う職業を選んだほうが好ましいということです。勤務先、職場を変えることによって、自分の向いている仕事に就くことができるかもしれません。が、良い面ばかりでなく即戦力となりうる能力が求められます。逆をいうと、あなたの人材的な価値が上がるほど、天職に就くことができることも可能、ということです。近年は、職業選択の自由が社会的に受け入れられているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「とにかく良い人材が欲しい」と願う企業もどんどん増加していますので、このチャンスを活かしましょう。

  • 過去記事一覧