過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知る…

  • もしも転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。時には、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。そういったトラブルを避けるために、仕事場では、真面目に振る舞いましょう。そうすることで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を去ることができます。加えて、何の問題もなく円満退職になれば、転職後にも、あなたが困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりが大事なので、会社を辞める際のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

  • もしもあなたが、「転職サイト」を活用して自身の働き方に近い条件の…

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用してあなたの希望条件に合った魅力的な仕事情報をチェックしているのなら、「転職エージェント」も併せて活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあとそのサービス内で紹介してもらえる仕事は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質がいいといえます。それから、自分に合ったものをピックアップし、調査した上で紹介してくれます。だから、あなたの希望とする職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、自分の力で行き当たりばったりに探す労力を考えれば、効率は良いです。そのうえ転職を成功させる近道です。

  • 転職時の面接でかなり高い確率で聞かれるのが前職を退職し…

  • 転職する場合の面接でほぼ必ず聞かれるのは前職を辞めたわけですが、このような質問が出た場合には話の中心を辞職した会社に向けない方が最善です。辞めた経緯が話題の中心になってしまうとほぼ確実に良くない面を含んだ内容になってしまいますから。どのように進めればいいかというとなぜ以前働いていた会社を辞めたかという点をこの職場に必ず入りたいと思っていたからといった話の中身に持っていくということで、今、自分が面接している会社の方に話の中心を持っていきましょう。転職理由でも、その会社の内容であればマイナスではなく良い面を押し出した前の職場を去った理由になります。

  • 退職|最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というよりも…

  • 転職活動を成功させたい場合、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが大事といえます。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに面接が始まる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。たとえばお見合いをする姿勢で望むと問題はありません。更に大事なことは面接係員は最も初めにあなたの内面的な素質をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる身なりは注意し控えましょう。そして常識的な社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • 退職|女性が転職する時、数年前と今とで若干の違いがあります。

  • 女性が転職する時、今現在と数年前では少し変化があるといいます。前までは面接の場で、既婚者なら出産の予定について自然に質問していました。ところが、現代では、その手の内容は、セクハラと企業側が捉え、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、特に大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっています。が、企業側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の価値観「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を知っておきたいとは思っているものです。あなたの考えを伝えるためにも、志望の動機や自己ピーアールと混ぜながら言い表すことで、相手方にもしっかり伝わると考えられます。ですので、たとえ、質問されてない箇所についても、あなたから気遣いながら答えてみることを考えてみてください。

  • 過去記事一覧