過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

はじめて転職をする場合、注意すべきことはどうして現在の仕事を去るのかを…

  • 最初に転職をするにあたって、重要なのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。問題を解決できそうな企業を選択してみてください。転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事を行いながら就職活動を続けなくてはならないため、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それがために問題の明確化ができていない状態で転職活動を開始した場合、途中で行き詰まってしまうことがあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが賢明です。

  • 初挑戦となる業種などに転身したいと考えている場合には…

  • 全くの初挑戦となる業界などに転業する際には、自分が前の業界で身に付けたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要になります。働いたことのない分野の場合、その分そのジャンルを経験している人よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っている力がその場でも生かせるということを伝えることができれば、戦える場合も多々出てきます。という事で、未経験の業種に挑む場合は、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性をできる限り考えましょう。

  • クールビズで転職の面接を受けに行く際には、いくらなんでジャケットまで・・

  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでジャケットまでは着用しなくても安心であるとはっきりと言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用していったほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくてもOKだと考える企業もあるケースもあります。ですが、ことネクタイだけはクールビズでも必ず着用しければならないと決めている企業がある程度あります。そのような訳で、クールビズでOKだと言われていてもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えないということはわかっておいてください。

  • 在職していた会社で意地の悪い上司に悩みを抱えて、結…

  • 昔働いていた会社でのことですが嫌な上司に困惑してしまい、とうとう我慢の限界を超えてその会社を退職し、ある別の同業者の企業に働き先を変えました。転職先の会社では上との関係も良好で勤務することができてとても充実した毎日でしたが、緩やかに業績が落ち込み、とある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合の相手はなんと以前働いていた会社で、その上感じの悪かった上司が再び私の上司になることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。当然新しい転職活動を始めています。

  • 退職|転職する際は、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

  • 転職するときは、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に有益です。以前、悪い口コミをサイトに載せられたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。しかしながら、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、急いで火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも炎上によって注目されるので黙認しますが、よくない口コミが多いというのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると見て良いでしょう。というか、本当に善良な会社であれば煙なんて立ちません。

  • 退職|もっと良い職場につきたいと転職希望者の場合は「1日も早く、…

  • 新しい企業がいいと転職希望者の人とは「ちょっとでも早く採用通知を手に入れたい」と考えがちです。ただ、通知を得たいばかり、自分をより大きく見せたり、あるいはその反対に過小評価するかのようなことは、できるだけしないでください。大事なのは焦る気持ちはガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を賢く探していきましょう。

  • 過去記事一覧