過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

今現在の企業の雇用に対する考え方が慌ただしく変わってきたこ…

  • 今現在の雇用形態が大きく変わったことについて、社会人の中で若い世代が特に注意してみているようです。十中八九キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。従って、労働者やサラリーマンといった人たちの「流動化」が活性化しているので、ますます後々より広い世代で転職についての関心が強くなるでしょう。労働力の「流動化」の影響で仕事を変えることはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうこともたくさんありました。しかし時代も変わり現在の仕事に執着する必要は無くなってきていると言われています。

  • 『転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が固いな・・

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばこのときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働くことになり、退職を受け入れられたのは同年11月です。本来、年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズにはいきませんでした。やはり職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに以前にも増して失望しました。

  • 現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外に・・

  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。あなたに特許を取った経験があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を書いたことのある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの匂いがする勧誘をされたときには、そのキッカケを考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の会社は高い確率で詐欺ですから相手しないのが無難です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 退職|このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイトでなにげなく条件のよい仕事を発見して応募しようとしたところ「そのお仕事はすでに別の方の採用が内定しています」という答えが返ってきて一時的にサイト内からもお仕事の情報が消えるのですが、その翌日に再度見るとまた情報が掲載されています。これって結局私だとダメだという意味ですよね。そういうことであれば最初から変に隠さないようにはっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまた客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?

  • 来週からでも転職活動しようと思うのなら、現状の仕事で感じている不満点・・

  • 今から転職を考えているのなら、今現在の業務や業務での納得いかない部分を明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不平が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと存在する業務や業務の客観的にみた満足できない点を書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぐことが可能なはずです。

  • 退職|新しい環境下で今までに培ってきたスキル・キャリア生かせたとした…

  • 新しい環境下でそれまでに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している会社サイドしても、そのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、難なく事が運ぶでしょう。それに加えてかつての仕事内容と似ているなら見込みは十分にあります。ですが、ある程度の能力があるといっても大手企業の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、いつの世になっても、かなりの難関となることを覚悟しておきましょう。

  • 転職したいと考えている会社の見学ができれば、すごく勉強になります。

  • 転職先の見学ができれば、すごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られるので楽しくもなります。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、実際の姿を見せてはくれません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社後でなければ、本来の姿はみえないものです。なので、「見学現場=仕事現場」と考えないことがたいへん大切です。さらに、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社は問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。正規雇用が結ばれていない場合、もし何かトラブルが発生しても、保証もないので、仕事体験を勧められても丁寧に断るのが無難です。

  • 転職活動には、然るべき準備をしておく必要があります。

  • 再就職する場合、然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に映る「ファッション」は、気になるところだと思います。ですが、ここ最近の、採用面接では形式ばらない服装が良い会社もあるので、ビジネススーツを着込んで面接に行く必要がないケースもあります。とくに会社の創設間もない企業などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話が出来るのも魅力です。また、私服を見せるたことで面接のなかで、服装について、話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら面接担当者へのアピールにもなります。ということで、転職にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私の実体験になるのですが、私自身、食べることが本当に大好きでそれが理由で、以前は、料理店(レストラン)に勤めていました。その飲食店での業務内容は、そのお店で担当していた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係にとても悩まされました。ということが引き金になって、職場を離れることにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店で提供していた食べ物すら嫌いになってしまい、よく似た飲食店は現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思うのは本当に素敵だとは思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり自分自身に問いただした上で行動するべきです。

  • 過去記事一覧