過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

仕事を始めてすぐは「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職する企業で、年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社したはじめの年度は、おおむね「試用期間」を含んでいる企業もことが考えられます。自身の転職したときは、四苦八苦して手にした仕事なのに、予想とは裏腹に前の職場での年収とあまり同じでした。それに、業務内容は多忙を極め、かなり責任も重大だったために、はじめの1年は、非常に骨が折れました。そのような経験をしてみると、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能なかぎり転職以前に貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 転職時の面接でする腕時計については、どう見ても目を惹く…

  • 転職する際に行われる面接でつける腕時計に関しては、明らかに目立つようなタイプのものはしていかないほうが好ましいです。目立つ腕時計と言うのは明らかに高価なものだったり、といった意味合いだけではなくその反対で完全に安物である腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって両極端で目を惹く、と考えておいてください。転職時の面接に着用していく腕時計においてもスーツやネクタイと同様に、堅実なものをするほうが賢明だと言えます。ただ、自身の年齢に適しているということも必要な条件であり、新卒の面接で着用していた腕時計よりはほんの少しでも値段が高いものにした方が好ましいということは言えるでしょう。

  • 退職|再就職時の採用面接では、規模の小さい企業クラスの場…

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業クラスの場合ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、100%ではありません。直接、これから仕事をすることになる責任者、要するに課長や部長などの管理職クラスが面接を担当する可能性もあります。特に、事務職や営業職に再就職する場合は資格などという見極めが難しいので、なんといっても自分自身を売り込んでいくことがとても必要であります。面接官から「この候補者はしっかり主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

  • 数年前の求人情報では、求める人材の「性別」まではっきりと書かれていました。

  • 以前の求人情報では、性別が書かれているのが一般的でした。しかし今現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人・採用差別をあってはならないルールが敷かれ、応募資格の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。そういった変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。実際問題、男性希望の業種に女性が応募してきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。もし、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と読み取ることが確実でしょう。

  • 求人サイトをチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人…

  • 求人誌をチェックする場合、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そのような人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。製造業の求人であっても経理、人事、総務などのスタッフ募集から、購買、営業管理のような「事務系」に類する役職もたくさんあります。とはいえ、製造業の大半はビジネス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。とはいえ、自分のこだわりを捨てることによって人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

  • 一般的観点からすると一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか・・

  • 一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。そのうえ、都心を離れると転職の確率はたいへん少なくなります。ですが製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地などに製造工場を置いていることも可能性が高いです。さらに、そういう地方の工場なら、事業分野の拡大などの際に中途採用する事がよくあります。そういったタイミングに転職を検討してもいいかもしれません。地方の工場に転職したいなら、その地方の工業団地の会社をはじめましょう。公式サイトに訪問し、求人の予定がないか、ちょこちょこ確認してみましょう。

  • 退職|転職活動をするときに注意して欲しい求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く・・

  • 転職のため職探しをする場合に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが少なくありません。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、事前に給料形態に残業代を入れておくということです。(違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代35時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という求人になるわけです。が、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともあるので気を付けてください。

  • 過去記事一覧