過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

楽しんで再就職に向けての転職活動をすることができたら、…

  • 将来に目を向け、楽しく再就職と付き合っていけば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職活動の間の堕落も避けられます。しかも精神的な部分が健全な状態であれば、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、休職期間を作らずに転職先を見つけることが重要です。今の仕事を継続しつつ、次の勤め先を見つけるのがベストです。また、隙間をなくせば退職後もすぐに働けます。そのようにしておけば、働いていない期間はできませんから、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色に関して…

  • 職を変える際にいるスーツのカラーについては、新卒の方が就活の時に準じている色が基本です。ということは、紺系や黒系といった感じのような暗めの色味、ということになります。再就職の面接においても、着用していくビジネススーツのカラーはこういったようなダークカラーが大多数を占めていて、黒や紺以外の色の転職者はほとんど見かけることはありません。強いて言えば、たまにグレーを着用している方が若干いるくらいです。全体的には黒や紺とかのビジネススーツがほとんどなので、面接担当者もそのような色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という面においてはおすすめということになります。

  • もしもあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

  • もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方に移住しつつ、転職したいと考えている人が、近年増えています。最近は求人情報サイトを用いれば、地方・郊外の求人も容易に知ることができますが、郊外や地方での求人情報では、大都会ような選択肢がないのがデメリットといえます。そのため、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめにチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの情報も注視しておきましょう。

  • もし、現職からの転職を決心したなら、周囲の人にはこっそり…

  • 現職からの転身を思い立ったのなら、まったく会社の人にはこっそりとその意思を悟られないように、転職活動を進めていき、現職にいるあいだは、なるだけ会社内の人に悟られないよう普通に仕事をする方がとても利口です。その状態をキープしていれば、もしも希望する条件に沿う転職先がすんなり見つけられなくても、転職の予定を延長しながら現職をそれまで通りに継続してもトラブルがありません。でもついうっかり「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲はそれに合わせて動きます。そのうえ辞めると一度言ったら社内では一気に「あの人は辞める人」という位置付けになります。そういったシチュエーションのあとで、転職の気持ちが消えて、「やっぱ退職しない」となっても、周りの人は、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、立場が悪くなると感じるかもしれません。

  • 今から転職活動を始める際に次の仕事をする前に期間があるのなら…

  • 今から転職活動を始める際に次までの仕事にある程度期間がある方は「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当はあなたが勤めている会社側で社員に「雇用保険」を払っているのなら、だれでももらえます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合や残業時間によってはただちにもらえる場合があります。支給される「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の近々の給料をもとに手当の額を算出されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を渡された時、自分も相手の方に名…

  • 転職における面接などに関して名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったときは、たいていは差し出す必要はないと思っておきましょう。転職のための面接とは仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動の一部なので、一般的に名刺を交換する時ではないのです。それに加えて、あなたは会社の人間としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。という訳で、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちらは、ただもらうだけで大丈夫で、相手の方に渡すことはまったくないと推測できます。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動を行う人はますます増えています。そうとはいえ、よりよい転職先を探すには、同時に転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加したのなら複数の企業に関する情報に触れることができ、さらに、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の雰囲気を感じられるはずです。今後、転職フェアに参加される場合は、面接に臨むつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。それが奏功してフェアの中で、企業に好感を持ってもらえたら、その後の面接に進む際に大きなアドバンテージになるでしょう。

  • 退職|ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、わずかしかたっていないのに…

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したというのに、入ってすぐに退職してしまう人というのも結構多いものです。何故かと思うと私見ですが新たな気持で仕事で勤務を始めてみたものの、「自分の思っていたものとけっこうギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」という理由で別の仕事を探すことが多いといいます。でもこういった転職における失敗を繰り返さないためには、はやり事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、通勤時間、など事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 過去記事一覧