過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

現在の自身の職場や仕事内容に対して、大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

  • 現在の勤め先や仕事の中身についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身のスキルや、仕事上での能力を真面目に評価してもらえない」それゆえに「報酬は上がらず、昇格の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。ですが、そんな人の中には、自らの持っている手腕を過大評価していることもあります。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、就職するまでの期間が長くなるおそれがあるので、要注意です。という事態を招きかねません。なので再就職で良い成果を出すためにも、「本来の自分のスキルや能力」を多少厳しい目で自己分析してみてください。

  • 退職|転職を繰り返さないための術が一つだけあります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。今では、ネットがあるので精神面を強くするヒントは容易に拾えます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を鍛えられます。その行動とは、ズバリ外国に行くことです。海外旅行に行くと、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え面接に向かえば、これまでとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職後しばらくはメンタルが弱気になりやすいので、休暇も必要です。

  • 退職|転職活動をしていれば、例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をやっていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これとは違い転職理由についてありのままに話すのは問題です。たとえば収入に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。おそらく、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そしてさらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 退職|転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、…

  • 転職活動における最後に残る壁として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業を見つけたとしても、今いる会社が退職を慰留することも珍しくありません。そのようなケースでは、何があっても退職をあきらめない、という強い意思を持つことが重要といえます。たとえ引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と相談し、退職を撤回する考えはありませんと、ハッキリと伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において大事な要素となってきます。

  • 退職|安定した生活基盤を欲しがり正社員として働こうと考えている人…

  • 安定した生活基盤を送りたいと正社員として働くことを念頭に置いている人が少なくない、というのが現状です。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正社員として雇用されることが難しいこともあります。非正規雇用者の求人は充実しているのに、正規雇用の求人情報以外を見ないでエントリーしない人も少なくないでしょう。なかなか、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業の一部は、成果次第で数年で契約社員から正社員への転身を狙える可能性もあるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」の機会があるかどうかをヒアリングしても今後の役に立ちます。

  • 過去記事一覧