過去記事一覧

過去記事一覧



仕事 辞めたい 言えない 怖い

退職|転職先を探すとき、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと共に…

  • 転職を行うならば、むろんやりがいのある仕事をすることも大事だけど給料が上がることも大切なポイントですから「年収サイト」に登録してあらかじめ調べています。全く同一の会社でその上一緒の職種、社歴なのに人によって広い違いがあることも数多くあり、ぶっちゃけて言えば面接で質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物について誰だろうと予想がついているのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 退職|今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。ですが、仕事を行いながら求人をチェックして、その応募手続きをしたり、面接を受ける、というのは負担がかかります。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、そのまま書類選考が通り、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを通している場合はそのエージェントからの心象が悪くなりますし、直接応募していたとしても、相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と覚えておきましょう。

  • 退職|20代前半に転職を2度経験して、現在は資格の勉強をしながら・・

  • 20代の時点で転職を2回し、いまはいくつか資格を取得するため、「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務とは異なるため、給料は安くなりました。しかしその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時にもっと資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、身近にそういった人を見てしまうとうらやましいなと見えてしまいます。今までは、それなりに成功している人と自分を比べ、悩みだったのですが、現在では結婚し、随分と生活環境もかなり変わり、以前よりも明確な進路ができて充実した日々を過ごせています。

  • 職を探すのに、ネットでのエージェントに頼るケースもありますが、…

  • 転職をするにあたっては、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になるケースもあるでしょうが、あなたがその種の業者に登録してその結果就職先をうまく見つけたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワークを使わずに就業しても失業保険をもらうことはできないので後々、後悔しないようにしたいものです。これと違って、「ハローワーク」を介して斡旋してもらって就職した場合は、就業用の準備金として「一時金」を得られたりもします。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の手続きは取ってくれません。この点について頭に入れておかなければ、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

  • 今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • 今まで私は、「転職サイト」を活用するより、私はハローワーク派でした。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心の求人しかないからです。このため、求人を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか知名度は低くなってしまいますが、昔から地域ある企業が多く、安心できます。「どんな求人があるかわからない」と誤解している方も少なからずいるかもしれません。でも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、数年以内に転職を本気で検討しているのなら、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトのような多くのニュースレターの心配もありません。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

  • 転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。企業の多くは履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大切になってきます。単に穴埋めするだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大切です。「職務経歴書」は、今までの職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入してみましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。ブランディングのために転職エージェントを利用してみるのもよい転職をするための選択肢として考えておきましょう。

  • 仕事をするにあたって心的に相当につらくなってしま…

  • 働いていることで心的に相当につらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そのときは、職場の人と相談する以上に自身の家族に話を聞いてもらい会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。というのは、働くのは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。毎月、どんなに給料が良いからといって、メンタル面が追い込まれるまで我慢して仕事をするのは好ましいとは思えません。今の時代は、物質的なことよりも、働きやすいことを優先で前提にしたって良いはずです。ですから、あなたの身内とあなた自らの心と体も大切にしましょう。

  • 退職|転職を考えている時に気にかける求人内容についてはおおまかなものと…

  • 仕事を探しているときにマークする求人情報は、だいたいのもので書かれている、という可能性もあり得ます。そのため、そこに掲載されている情報は何もかもが正確であるとは思わない方が好ましいと言えます。中でも特に給与の額などにおいては、社員を平均した額なのか?最低限なのか?最高値なのか?といった判断ができる転職者は少なく、勝手な判断で解釈してしまうと、後から嫌な思いをする事も少なくありません。ですから、後悔しないようにするためにも、求人情報については、参考程度に考えて、そういったようなたいへん大切な事は会社側に直に連絡を取るのがよろしいでしょう。

  • 長年にわたって接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長年にわたって接客業で勤めてきましたが、年齢を重ねるにつれて座ることのできない仕事は体力的に耐えられず、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを頭に入れて活動しました。事務の経験がないとなるとなかなか難しくて、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと思い資格も合格し個人医院に転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客業で働いていた頃よりも帰る時間が遅くなったのですが、まずキャリア形成の時期と腹をくくって頑張ります。

  • 職を変える際に、まず今の会社を辞職した後で転職しようと考える人もいますが・・

  • 職を変える際に、今の会社を退職してからという考えを持っている人もいるようですが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには次のボーナスがいつ入るのかを見積もっておきましょう。ボーナスが支給される会社はいくらでもありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが出る日までもう少し待てば来るのであれば、支給日を過ぎてから辞めるというやり方も賢明といえます。ボーナスは結構額が大きいので、手に入れなければ損ということも明らかなわけですから、退職をする際にはボーナスが支給される日について知っておくほうが賢明なやり方です。

  • 退職|後悔しない転職を目指すのなら、事前に行動するようにしましょう。

  • 良い転職先を見つけるためには、あらかじめ、行動をするようにしましょう。今を見ると企業の名前を知られていない小規模な会社らしくもなく公式ホームページで会社のことをわかるケースが多いから、ネットであれこれを調べておくとまたその企業について疑問をチェックしておくと転職に役立つはずです。また、公式ホームページ以外にも、「転職サイト」にログインするのも有りだと思います。さらに、インターネット以外の方法として、何より転職を考えている希望の職場を自身で判断してみるのも良いと思います。

  • 退職|この先、着実に思考を必要としない労働は機械化に置き換わって…

  • 私たちの労働環境は、この先、ぐっと短絡的な仕事は機械で処理されるようになっていき、その結果、人員はどうしても削減されます。その理由は、簡単な作業は人間よりも機械のほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同一の作業を繰り返すことは機械には何も不自由もありません。人と違って不平不満を言わないし、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。さらには人と違って、報酬も発生しないのです。こういったことから、人を使う理由がまったく無いので機械化されるのは当然の流れなのです。

  • 求人についての広告には、大部分の場合はたいていの会社で…

  • 求人についての情報では、ほとんどの場合、たいていの企業では月の給与がしっかりと記載されていますよね。しかしこの箇所を調べれる際は、注意して確認する事が欠かせないです。その数値だけで判断しないようにしましょう。実は会社によっては、月収の額の中身に月20時間残業の場合が含まれているおそれもあります。それは残業代の金額を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。だから、そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法のおか・・

  • 派遣で会社で働いています。労働契約法の関連で不本意ですがずっと働いた会社での勤務があと数週間で終わります。同じ派遣の人の中には、派遣先の企業で正社員の位置をつかみ取った方もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけた話仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりが上手な方でお引き立てがあったよう。職務を遂行するスキルよりもおじさんにゴマをする能力の方が重要なのかなーと派遣仲間達と派遣先の職場で文句を言う毎日です。

  • 仮に転職するにも何もかもが都合よく運ぶという確証はどこにもありません。

  • 転職を考えたとしても、あらゆることが順調にいくという確証はありません。もしも転職するのなら、いずれにしろ転職をしなくてはならないなら若い間に転職を試みるべきでしょう。たいていの場合、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、30代後半~40代に達すると転職の場合は、たいへん厳しくなります。もしも、役職をすでに担当しているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、今の会社に残ることも選択肢に残しておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社には残ったまま堅実な未来を模索しておいた方が賢明といえます。

  • 退職|最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界や民間企業間においても今までとは異なった変化が増加傾向にあります。その変化を受け、企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が社会問題化しつつあります。最近では「外国人の労働者」の総数を増やしていくつもりでいるつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるはずです。

  • 派遣会社に登録した上で働く人が近時増加しています。

  • 派遣会社を通して働く人が過去の規制緩和以降、多くなっていますが、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを面接の際に聞いておくべきです。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらう仕組みです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣会社では、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも決して少ないとはいえません。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、なるべくそこでの登録を止めておくのが賢明です。

  • 今ではスマートフォンを見ればインターネット上では、「転職に関するサイト」と呼ばれるも・・

  • 世の中は変わっていてスマートフォンを使えばわかるけどネットで見られる世界には今では「転職のためのサイト」に類するものが数限りなくあったりします。自分が欲している転職先というのを見つけるにはまずは情報を集めることです。こういうサイトをうまく使うことで、効率的な転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報満載の有益な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながらチェックしてみてください。

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

  • 転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてほしい箇所があります。まず派遣社員に関しては、電話対応、その他雑用等をといった仕事内容をぼんやりと思った方がいるはずです。私自身もかつてはそう思っていました。現在の会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし実際に入社したとたん、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを指示されました。的確に動けるわけもなく、はじめの説明と大きな食い違いがあるので困っています。今は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 転職する場合は、はじめに、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したり・・

  • 転職するのなら、はじめに、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社をチェックするでしょう。しかし、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。公表するにしてもいかに当たり障りのないような表現が出来るかを考えるのが仕事であるため、そのような「社長インタビュー」などに関しては、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれ言いがかりをつけて退社できないようにしようとします。この種のブラック企業には注意が必要です。

  • 転職をする活動中はとにかく、なにはともあれ常に自分自身の…

  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、まずとにかくあなたの心のうちが静かであるということを大事にしましょう。今の会社で働きながら転職のための活動では、それほどそうでもありませんが、退職の後に行う場合は人というものは焦りがちになってしまいます。ですので、慎重に転職活動を続けていきましょう。自分がやってみたいことや、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そして、実際の職場と比べてみて、それらが合致してるか、しっかり、冷静に見極めてみてください。時間を掛けて判断することで転職で良い結果を出しやすくなります。

  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。初めて利用された人は結構びっくりする場合が少なくありません。転職エージェントは転職を推進することがその役割なので、かなり積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬を受け取る仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れたその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように心がけるようにしましょう。

  • 転職サイトは大規模なサイトであるほど豊富な数の会社が掲載されているため…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載案件も多いので、感じがよさそうな2,3の会社を、ともかくメンバー登録して、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、加えて条件に合った求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に情報を集めることが可能です。でも、初回に限っては登録するのになかなか時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。初めの登録のときは多少時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、最初にしっかり準備することを心がけるのが無難です。

  • 過去記事一覧